■1CPU ワークステーション注釈一覧

※1: インテル64(旧称:EM64T):64bitOSとの組合せで、従来の32bitシステムとの完全互換を保ちつつ、64bit命令の実行・大容量メモリの利用が可能です。
※2: インテルVT(Intel Virtualization Technology):1台のマシン上で複数の仮想環境を構築し、処理の同時実行や信頼性、管理能力を向上させるインテルの仮想化技術です。
※3: インテルTXT(Trusted Execution Technology):ハードウェアレベルで、仮想マシンを常に信頼された状態に維持するためのセキュリティ機能です。例えば、システム起動時にハードウェアがシステムの安全性を検証するため、仮想マシンが常にユーザーの期待通りに動作することが保証されます。
※4: インテルAMT(Active Management Technology):システム管理者がリモートでクライアントPCを管理でき、主に「検出」「障害回復」「保護」の3つの機能が使用できます。別途サードパーティー製の運用管理ソフトが必要になります。
※7: DisplayPort×1からDVI-D×1へ変換するアダプターが付属します。
※10: DVI-I×1からミニDsub15Pin×1へ変換するアダプターと、DisplayPort×1からDVI-D×1へ変換するアダプターの2種類が付属します。
※11: X4x1(Low):スロット形状は16レーンですが、パフォーマンスは4レーン同等です。
※14: DisplayPort×1からDVI-I×1へ変換するアダプターが付属します。
  パソコンレンタルHOME